カテゴリ: 旅行記

DSC_0098
“ハイカラ”という言葉はもうほとんど死語ですね。ただ、「小樽」という街を表現するにはぴったりの言葉なんじゃないかと個人的には思います。

ということで、札幌を夕方に出て夜は小樽で過ごすことに。

札幌から小樽までは車で1時間弱で行けてしまうので、札幌⇒小樽というルートで観光する人は多いんじゃないでしょうか。

そういえば北海道に来て、久しぶりに長距離を運転したのですが、北海道の道路は広くて車も少なかったので非常に走りやすかったです。ペーパードライバーになりかけていた私としては良いリハビリになりました。

時刻は夕方、うっすら暗くなりはじめた小樽の街並みはお洒落ですが、どことなく郷愁的。ただ街中を歩くだけでも楽しいと思えるような街です。
続きを読む

先日、北海道へ行ってきました。

幼い頃に沖縄へは行ったことがあるので、行くなら北の北海道だろう、ということで中部国際空港発のスカイマーク便に乗り「新千歳空港」へと向かいました。

DSC01638

スカイマークは料金がお手頃でサービスも決して悪くないので、「ANAやJALはちょっと高い」という人には嬉しい航空会社です。ちなみにスカイマーク便を使った宿泊旅行にはスカイパックツアーズを利用するとお得ですよ。


心配なのは天気でしたが、そこはさすがに愛知と北海道。これだけの距離があれば天気もコロッと変わります。
続きを読む

夏の京都へ家族旅行 1日目 - トロッコ電車・亀岡・嵯峨嵐山編 -

家族で泊まった京の奥座敷 - 湯の花温泉「松園荘 保津川亭」さんが素晴らしかった

旅行2日目の朝はあいにくの雨。珍しく早朝に目が覚めた私は、朝風呂へと向かいました。ミストサウナでわずかに残っている前日のアルコールを汗とともに流した後、旅館の豪華な朝食をいただきます。

「ご飯おかわりできます」という甘い言葉に誘われ、2杯もおかわりしてしまいました。どうして旅行に来ると食欲が増すんでしょうね。日常生活でこんな食生活をしていたらデブまっしぐらです。

重くなった腹を抱えて旅館をチェックアウト。天気予報では1日中雨ということなので、なるべく屋内を回ろうと最初に向かったのがこちら「大石酒造」さん。

DSC_0628
続きを読む

夏の京都へ家族旅行 1日目 - 亀岡・嵯峨嵐山編 -

トロッコ亀岡駅を後にした私たちは、本日宿泊する旅館がある湯の花温泉へと向かいます。駅から車を走らせること20分、街から少し離れた旅館が立ち並ぶ静かな通りへ。ここが通称、京の奥座敷・湯の花温泉。

その通りにある一際大きな旅館が本日私たちが泊まる「松園荘 保津川亭 」さんです。

DSC00891

「松園荘 保津川亭」さんは観光経済新聞社による『人気温泉旅館ホテル250選(2009年)』で5つ星の宿に選ばれたり、旅行新聞新社が主催する『プロが選ぶ日本のホテル・旅館百選』で1997年から毎年連続で入選するなど、湯の花温泉にある旅館の中でも指折りの旅館なのです。

続きを読む

ひと月ほど前、両親から「京都へ旅行に行かないか」というお誘いを受けました。ニートが家族水入らずで旅行ですよ?悩みました、えぇ悩みましたとも。しかし私の中の悪魔が囁くのです。

「そうだ、(親の金で)京都行こう」と。

気がつけば二つ返事で承諾していました。不思議。いえね、こういう家族の交流って大切だと思うんですよ(棒読み)。大人になると親子で旅行に行く機会って無くなると言いますしね。

ということで、家族で夏の京都へと行ってきました。

旅行当日、「せめて運転ぐらいは…」というなけなしの気遣いを発揮する私に対して「まだ死にたくない」と両親が真顔で訴えたため、父親の運転で京都へと車を走らせます。

DSC00810

▲途中SAで買った「近江牛コロッケ」は牛肉の有無はともかく、サクサクで美味しいのでおすすめです。そんなこんなで名古屋から車を走らせること3時間、目的地の京都府亀岡市へと到着したのでした。


続きを読む

↑このページのトップヘ