カテゴリ: 主に名古屋

名古屋の地下街と言えば、県外の人たちからは「迷路」「複雑」といったイメージを持たれているようですが、実際のところ、名古屋の人間でも大きな地下街などでは道を間違えることはしょっちゅうです。

そして、そんな地下が栄える名古屋には一風変わった地下街というものが存在します。それが名古屋市中区にある「伏見地下街」。

DSC02835
続きを読む

先日、所用で瀬戸市へ行ってきました。

瀬戸市と言えば、名古屋から比較的近く、一般的には「焼き物の街」というイメージが強いのではないでしょうか。愛知県内でも「常滑焼」と並び、「瀬戸物焼き」は有名です。

そんな瀬戸市で休憩がてらに立ち寄ったのが、こちらの珈琲専門店「珈琲屋 紅爐(こうろ)」さん。

P_20151227_150719

落ち着いた街並みのなかで、お洒落な外観が目を惹きます。「紅爐(こうろ)」 という店名も良いですね。「炉(爐)」は焼き物を作るための「窯」を意味しているのでしょうか。

続きを読む

あっという間に正月三が日も終わってしまいましたが、皆さんは初詣には行かれましたか。

私は先日、愛知県は犬山市にある「成田山 名古屋別院」へ参拝に行ってきました。まぁ初詣といっても、氏神様への挨拶を済ませた後なので、厳密には初詣とは言わないかもしれません。

ちなみに「成田山」と聞くと、関東の人は千葉県にある「成田山 新勝寺」を思い浮かべると思いますが、愛知県犬山市にある成田山はその別院になります。成田山は日本全国に別院・分院があるのです。

DSC02751

ちなみに名古屋で初詣というと、やはり「熱田神宮」や「大須観音」あたりが人気スポットと言われていますが、「成田山 名古屋別院」も中部地方ではかなり人気です。 

特に、こちらでは事故や災難から身を護って頂けるご利益があるということで、正月になると自動車交通安全祈祷を受けに中部地方から多くの人が訪れます。名古屋からも車で約1時間弱とアクセスも悪くありません。
 続きを読む

その日、珍しく就職活動の真似事をしたニートは、摩耗した精神を癒すため第二の故郷と自称してはばからない街・大須へと向かうことにしたのでした。

P_20151018_154515

しかし大須に着くと、いつもとは違う混雑ぶり。

確かに休日の大須は大体混んでいるものですが、その日はそれに輪をかけて混んでいました。どこのお店にも行列ができていて、碌に休憩もとれない有様。

8月に訪れた大須夏祭り
を彷彿とさせる賑わいぶりに面食らいつつも、「これは何かイベントをやっているな」と大須商店街の常連としての経験が告げてきます。

そんなこんなで商店街を歩いていると、突如前方の人混みがモーゼの十戒のごとく道が開き、そこから大名行列が歩いてきたのでした。いえ、比喩ではなくリアルに大名行列です。 続きを読む

最近というほどでもありませんが、飲食店の価格破壊には目を見張るものがあります。とりわけ居酒屋なんかはもうギリギリでやっているのが消費者の目から見ても分かるぐらいですが、最近の焼肉店も相当頑張っているようです。

焼肉と言えば、今も昔も私のなかでは間違いなく「御馳走」。そして先日、「予算5000円以内にしようね」と友人に念を押しながら入ったのがここ、名古屋栄にお店を構える「牛兵衛 栄本店」さん。

DSC02274

お店は栄のナディアパーク近くにある2階建てビルに入っています。そして私たちがここを選んだ最大の理由が看板にあるA5ランク飛騨牛を使用した「牛兵衛カルビ 590円(税抜き)」

ちなみにA5ランクというのは、肉質等級での最高ランクを意味します。普段、日常生活で食べている肉のランクなど気にしたこともありませんが、まず低い(というかランクがついていない)ものでしょうね。

それが焼肉屋に来て、最高ランクのお肉が格安で食べられるとなれば食べない理由がありません。続きを読む

↑このページのトップヘ