カテゴリ:旅行記 > 北陸地方

数年ほど前から人気の工場見学。

特にビールやウィスキーといった工場・蒸留所が注目されがちですが、味噌や醤油を作っている蔵でも行われています。有名なのは愛知県の八丁味噌蔵ですが、発酵食文化伝統の街・金沢にも名の知られたメーカーがあります。


それが「ヤマト醤油味噌」さん。


金沢・大野にある醤油味噌メーカーさんで、ヤマト糀(こうじ)パークという無料で見学できる施設を運営されています。テレビや雑誌などでもたびたび取り上げられる有名スポット。

ということで金沢に行った際に立ち寄ってきました!


ヤマト醤油味噌


続きを読む

先日、1年ぶりに金沢へ行ってきました。

なんだか毎年のように金沢に行っている気もしますが、アクセスが良く、知り合いが住んでいるので行きやすいんですよね。

とはいえ、金沢はお世辞にも大きい街とは言えません。何度か訪れたことがある方なら分かると思いますが、金沢の観光名所というと結構絞られてきます。

例えば「兼六園」、「金沢城」、「近江町市場」、「茶屋街」、「武家屋敷跡」あたりを回ったら駅より東の有名処は大体観光したと言っても過言ではありません。

そこで今回は少し街中を離れ、山間にある「金沢の奥座敷・湯涌温泉」へと行ってきました。

湯涌温泉と言えば、2011年にP.A.WORKSによって制作されたアニメ「花咲くいろは」のモデルとなった場所としてファンのあいだでは超有名。ちなみにアニメでは「ゆわく」ではなく、「ゆのさぎ」となっています。

ということで、湯涌温泉にて「花咲くいろは」の聖地巡礼をしてきたのでご紹介したいと思います。

続きを読む

前回記事:2泊3日の北陸の旅 2日目 ー福井県・越前松島水族館・東尋坊編(2日目)ー

いよいよ北陸旅行も最終日。雲一つない晴天の朝です。

前日、ビジネスホテルに泊まった私は朝から無料バイキングをがっつきます。

DSC09719

奇妙な盛り付けですいません。和も洋もへったくれもありませんね。食べたいものを適当にとっていたら、まとまりのない朝食になってしまいました。

それにしてもビジネスホテルの朝食というのは、なぜこんなに魅力的なんでしょうか。初めてルートインを利用しましたが、種類が多く、味も申し分ありませんでした。これで無料というから驚きです。ただ、どう考えても食べ過ぎました。ニートは“無料”という言葉にはめっぽう弱い生き物なのです。

少々重くなり過ぎた腹を抱えてホテルをチェックアウトしたら、今日の目的地である「永平寺」へと向かいます。
 続きを読む

前回の記事:2泊3日の北陸の旅 2日目 ー福井県・越前松島水族館・東尋坊編(前半)ー

「越前松島水族館」をあとにして、その先にある東尋坊へと向かいます。

余談ですが、北陸を旅行するのであればやはり車が一番便利です。バスでも十分回れますが、観光地が中途半端に離れているので、車の方が圧倒的に効率よく回れるでしょう。ただ、GWなどは駐車場が非常に混雑するのでそのあたりの対策は必要かもしれません。

とはいえ、ペーパードライバーの私がレンタカーを借りたところで嫌な予感しかしなかったので今回は公共交通機関を選択したんですけどね。

越前松島水族館から東尋坊までは、バスでおよそ15分。近いように見えますが、それでも歩いていこうと思うと、かなりの距離があったので1時間に1本のバスを待ったのは正解でした。

DSC_0530

バス亭から東尋坊までの通りは土産物屋や飲食店が軒を並べる商店街のようになっています。朝が早かったせいで空腹に耐えている私の頭にはすでに昼食をどこで食べるか、ということしかありません。

続きを読む

前回の記事: 2泊3日の北陸の旅 1日目 ー金沢・近江町市場・西茶屋街・妙立寺編ー

DSC09651

北陸旅行2日目の朝は、アパホテルのモーニングから始まります。

久しぶりのバイキングに舞い上がり、手当たり次第に取っていたら和食なのか洋食なのかよく分からない組み合わせになってしまった朝食をがっつきながら今日の予定を立てていきます。

2日目は金沢を出ることは決めていたのですが、問題はどっち方面へ向かうかということ。富山に行くべきか、福井に行くべきか、はたまた能登半島の方へ向かうという選択肢もあります。あとはお金と時間とアクセスの兼ね合い。

そして迷いに迷った結果、2日目は福井へ向かうことに決定。
 続きを読む

↑このページのトップヘ