中部国際空港が開港されるまで愛知県の主要空港として活躍した「名古屋空港」。今では「県営名古屋空港(飛行場)」に格下げされ、国内定期便が何本か就航するのみです。


そんな名古屋空港の国際線ターミナルがあった場所にはショッピングモール「エアポートウォーク名古屋」が造られ、それに隣接して2017年11月に「あいち航空ミュージアム」がオープンしました。

DSC03992

当時、あまり大きな告知もなかったので「あれ?いつの間に」という感じでしたが、もう一周年を迎えるんですね。先日、所用でエアポートウォークに行った際にぶらっと立ち寄ってみたのでご紹介したいと思います。

本物の空港さながらの館内

DSC03762

ショッピングモールから繋がる連絡橋を抜けて館内へと足を踏み入れると、そこは本物の空港さながらの雰囲気。白を基調としたエントランス。受付カウンターにいる職員さんも空港スタッフのような服装をされています。


まぁ、名古屋空港が運営母体なので空港の職員には変わりありませんが、さも空港で搭乗手続きをしているような感覚を味わえます。

DSC03768

よく見るとチケットも入場券ではなく搭乗券と書かれており、デザインも航空チケットを模しています。日本の名機100選というカードを一枚貰えました。いい記念になりますね。


そしてこれまた本物さながらの搭乗ゲートを通って入場します。

DSC03764

名機が並ぶ模型展示


ミュージアム内は格納庫を思わせるひらけた空間になっており、まだ真新しさを感じさせます。順路に沿って、まずは航空機模型の展示を観て回ることに。

DSC03774

DSC03782

一つ一つがかなり精巧に作られています。


私自身は飛行機はまったくの素人で、旅行で利用する程度ですが、マニアの方にはたまらないでしょうね。年代順に展示されているので航空機の進化の過程を観て学ぶことができます。


意外にご高齢のお客さんが多く、昭和初期の航空機模型を感慨深そうに眺めていましたね。名古屋空港は小牧陸軍飛行場がもとになっているので、もしかしたらそれに携わった方々や空襲経験者の方もいらっしゃるのかもしれません。


100機もの模型が展示されているので一機一機じっくり見ているとさすがに疲れます。そんな時はベンチとして置いてある飛行機の座席で一休み。

DSC03812

だいぶ年季が入ってます。そして意味もなくベルトがついてます。


正直、座り心地はあまりよくありませんでしたが、昔のエコノミークラスなんかで使われていた座席でしょうか。私は小さい頃ほとんど飛行機に乗らなかったので懐かしさはありませんが、今の飛行機の座席がいかに快適になったかを実感しますね。


間近で見られる往年の実機とゼロ戦!


DSC03804

1階は実機の展示コーナーになっており、上からは飛行機全体を、下に降りれば解剖図解やパーツを眺めることができます。

DSC03838

民間用ヘリコプター、ビジネスジェット機、大きいものだと「YS-11」という旅客機が展示されています。ちなみに、この「YS-11」という機体は民間エアラインからは引退したものの自衛隊等ではまだ現役で使われているそう。機体の内部を見学できるツアーガイドもやっていました。

DSC03866

そして、このミュージアムの目玉といえば「零戦」の展示でしょう。正式名称は「零式艦上戦闘機52型甲」。当時の最高技術で作られた戦闘機です。

DSC03860

意外にも展示スペースの端に展示されていたのが不思議だったのですが、どうやらゼロ戦の展示にあたっては色々と議論を呼んだようです。「戦争美化につながる」「若い子に興味をもってもらいたくない」というのが展示反対派の意見だったそう。


一時、展示が見送りになったものの、現在は三菱重工資料室からの移転展示という形で暫定的に展示されているとのことです。明確な期間は定められていないようですが、暫定的ということはいつかは無くなってしまうのかもしれません。

DSC03879

時間の都合で利用できませんでしたが、職業体験プログラム(パイロット・整備士)なんてものもありました。お子様向けかと思いきや、子供と大人で時間が分けられていて所要時間が50分となかなか本格的です。


パイロット体験をやってみたかったんですけどね…残念です。事前予約はできないようなので興味のある方は時間を調べて、受付で整理券をゲットしましょう。


ハンモックのある展望デッキへ


一通り見て回ったら、エレベーターで最上階の展望デッキへ。


公式いわく、(おそらく)日本一滑走路に近い展望デッキだそうです。お向かいには航空自衛隊小牧基地があるためか、「格納庫内を撮影するのはご遠慮ください」との注意書きがありました。確かにけっこうがっつり基地が見えます。

DSC03909

大型機が来ないので迫力には欠けますが、小型機やヘリ、自衛隊機の離着陸を眺めることができます。

このハンモックでのんびりできるのも良いですね(ちょっと硬いですが)。

DSC03907

帰りは階段で降りることをおすすめします。高い位置からミュージアム全体が眺められます。

DSC03920

ちなみに、(当日に限り)再入場もできます。

DSC03924

19時まで開館しているので、日没の早い時期は展望デッキから夜景を観ることもできそうです。


商業施設の「エアポートウォーク名古屋」があるので駐車場には困らないですし、空港行きのバスもあるので駅からのアクセスも良好です。ただ、空港の隣といっても多少は距離があるので「飛行機の待ち時間に立ち寄りたい」という場合には余裕をもって行かれた方が良いかもしれません。


興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

あいち航空ミュージアム

入館料:一般1000円、大高生800円、中小学生500円
定休日:毎週火曜日
開館時間:10時から19時まで(入館は18時30分)
住所:愛知県西春日井群豊山町大字農場(県営名古屋空港内)