数年前から人気が増し、今や海外からも観光客が訪れる日本のウィスキー蒸留所。


ジャパニーズウィスキーと聞いて、多くの人が思い浮かべるのはやはりサントリーとニッカウィスキーではないでしょうか。特にニッカウィスキーは2014年に放映された朝の連続テレビ小説「マッサン」で爆発的に知名度が増したと言います。


そんなニッカウィスキーですが、現在国内にふたつの蒸留所を持っており、一つはドラマのロケ地にも使われた北海道の「余市蒸留所」。私も数年前に見学してきました。



そして、もう一つが宮城県にある「宮城峡蒸留所」です。仙台市内からも近く、仙台の観光地を調べると絶対におすすめされる有名スポット。ということで、今回は仙台観光ついでに「宮城峡蒸留所」を見学してきました。


仙台からは電車と送迎バスがおすすめ!


宮城峡蒸留所は地図で見ると微妙な立地にあるため、つい車で行きたくなりますが、できれば電車で行くことをおすすめします。車で行ってしまうと試飲という大きな楽しみが減ってしまいますからね。


特に仙台市内からのアクセスは良好で、JR仙台駅から仙台線に乗り約30分。蒸留所の最寄駅となる「JR作並駅」で下車します。

DSC01725

駅から徒歩で行くことも可能ですが、ちょっと遠いです。土日祝日であれば宮城峡蒸留所が作並駅から無料シャトルバスを出してくれているのでそれに乗るのが一番楽でしょう。バスの本数は1時間に1本ほどですが、見学時間を考えると丁度良い間隔です。


ちなみに、写真の通りの小さな駅なのでタクシーは期待しない方がいいです。写真の右側にあるようなマイクロバスに乗り込み、走ること10分。朱色の建物が見えてきます。


ガイド付きの無料見学(60分)に申し込もう


DSC01688

バスを降りると、すぐ目の前がビジターセンター(受付)だったのでさっそく無料見学ガイド(60分)の申込をします。シャトルバスのある土日祝日はやはり混むため、着いてすぐのツアーには参加できないこともあります。この日も20分ぐらい待ちました。

DSC01600

しかし待つことになっても大丈夫。ビジターセンター内にはニッカの歴史やウィスキーの製造工程などが展示されているので有意義に時間が潰せます。


というか、20分ではちょっと足りないぐらいの展示内容でした。もう少しじっくり見たかった…。

DSC01596

特にこのウィスキーの銘柄毎の香りを比べられる展示は面白かったですね。いくらウィスキー好きでも、自宅ではこういう事ってなかなかできませんから。


そんなことをしている間に見学ガイドの時間に。まずはスクリーンで宮城峡蒸留所を紹介する15分ほどの映像を視聴します。ただの宣伝かと思いきやこれが意外とクオリティの高いドキュメンタリー映像でした。見学者の気持ちも高ぶります。


その後は、カルガモの親子のようにガイドさんの後について、説明を聞きながらゾロゾロと蒸留所内を見学していきます。

DSC01608

まずは蒸留所のシンボルにもなっている風格ある建物、乾燥棟を外から見学。大麦麦芽を乾燥させるための施設でしたが、現在は使用されていないそう。見学してみると、意外と使われていない建物や見学用の建物が多いことを知ります。

DSC01629

お次は仕込棟へ。ここではウィスキーを蒸留する前の「糖化・発酵」が行われるのですが、現在はすべてコンピュータ管理だそう。管理する様子を見学することはできますが、内部の写真撮影はNGでした。

DSC01620

ふたつある蒸留棟のうち、モルトウィスキーが作られる単式蒸留器(ポットスチル)の方を見学することができました。あのシングルモルト宮城峡はここで蒸留されてるんですね。


ポットスチルの上部にしめ縄のようなモノが付いているのがいかにも日本的。やっぱり蒸留器を見ると「蒸留所に来たんだなぁ」という実感が湧いてきます。

DSC01682

DSC01643

そして最後は貯蔵庫へ。大量のウィスキー樽が並べられている様は壮観です。ここでは樽の内部構造や樽に使われる原木の説明、貯蔵モルトの香り体験などができます。

DSC01639


ちなみに、こういった樽で熟成されているウィスキーは水分とアルコールが年間2%ほど揮発していくため、熟成期間が長くなるほど量が減っていきます。これを「天使の分け前」と呼ぶそうです。なんでも天使に分け前を与えているから美味しくなる、という意味だそう。


なんともメルヘンチックな豆知識ですが、こういうのはトリビア的で面白いですね。


写真で紹介するとあっという間に思えますが、ここまでで40分ぐらい掛かっているので説明も含めてかなり丁寧にガイドしてくれます。


コスパ最高の試飲コーナー!


DSC01656

ガイド見学が終わると、お楽しみの無料試飲コーナーへと案内されます。ここでは3種類のお酒を無料で試飲することができます。今回提供されたのは「アップルワイン」「スーパーニッカ」「シングルモルト宮城峡」でした。

DSC01652

グラスが大きいので少なく見えますが、シングルぐらいの量はあると思います。これを3杯となると結構な量。しかも、次のツアー客が来てしまうので20分ぐらいで飲まなければいけません。


ちなみに「ストレートは苦手」という方のために水や氷、炭酸水なども無料で用意されているのでご安心を。至れり尽くせりです。


ただ、さすが蒸留所見学に来る方達というのは基本的には飲める人が多いせいか皆さんすぐ飲み終えて有料試飲コーナーやギフトショップに向かわれていました。


もちろん私も有料試飲コーナーへ向かいます。

DSC01658

DSC01659

メニュー表を見てみると、すでに生産終了している銘柄や高価な銘柄、宮城峡蒸留所限定の銘柄が1杯500円ほどという破格の値段。以前から飲んでみたかった「竹鶴21年」と宮城峡蒸留所限定の「シングルモルト宮城峡 フルーティ&リッチ」を試飲してみました。

DSC01661

竹鶴21年なんて市販で買うと1本数万円はします。これが1杯500円で飲めるとは驚きですよ。お土産に買いたいウィスキーがあればここで試飲して選ぶことができるので便利ですね。


北海道の余市蒸留所に行った際にも感じましたが、ニッカの蒸留所は無料シャトルバスに無料ガイドツアー、無料試飲など本当に至れり尽くせりです。人件費だってかなり掛かっているでしょうに、それだけお金を落としていくお客さんが多いということなのでしょうか。

DSC02302

えぇ、きっとそうに違いありません…。

余市蒸留所と比べると規模は小さいですが、所要時間は1時間から1時間半と丁度よく、仙田市内からのアクセスが良いので仙台観光には外せないスポットです。

DSC01679

ちなみに、仙台駅から向かわれる場合、電車とシャトルバスの時間を下調べしておくことをおすすめします。シャトルバスの時間に合わせて最寄駅に着くようにすると無駄なく観光できるかと思います。


ウィスキー好きには堪らない「宮城峡蒸留所」。興味のある方はぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。