DSC02082

今年3月にオープンしたばかりの名古屋城・金シャチ横丁。そこには名古屋飯のお店がずらりと並んでいました。思っていたよりコンパクトで、いかにも観光客向けのお食事処スポットといった感じですね。

DSC02089

観光客がどこに入ろうか悩んでいるのを横目に、私がまっさきに向かったのがこちらのお店。

DSC02090

味噌カツの名店「矢場とん 金シャチ横丁店」です。


「名古屋の人間は味噌ばかり食べている」という誤解もやっと解けてきた昨今ですが、事実、名古屋の名物といえば味噌カツ。ただ、その味噌カツ自体ほとんど食べたことがない私としては、一度この有名店に足を運びたいと思っていたのです。


並びながら注文することに


さすが人気店、平日にも関わらず行列ができていることからも人気の高さが伺えます。


場所柄、サラリーマンも利用するのかなと思っていたら聞こえてくるのは観光客の会話ばかり。「あぁ、やっぱり名古屋の人間は案外利用しないよね」と思いつつ、並びながら注文します。

DSC02094

今回は「わらじとんかつ御前(税抜き1800円)」の味噌とソースのハーフにしました。味噌カツをたっぷり食べたい人におすすめとのことですが、それよりも2つの味を楽しめるのが魅力だったのでこちらを注文。


ボリューム満点の「わらじとんかつ」


DSC02103

しばらくしてカウンター席に案内されると、さっそく注文した品が出てきました。並んでいる間に注文できるとこういう便利さがありますね

DSC02095

うん、写真で分かってましたが、やっぱりボリュームが凄い。食べきれるか不安になってきます。


「あれ?カツに味噌がかかってないぞ」と思っていると、店員さんが味噌ソースを持ってきて目の前でかけてくれました。なるほど、こういう演出なんでしょう。

DSC02097
(上が味噌、下がソース)


「朝食抜いてきて良かった…」と心から思える豚カツの量にビビりつつ、さっそく一口食べてみると、味噌ソースの方は見た目ほど濃くありません。甘口ですが、しつこくなく「あ、これは万人受けするわ」という印象の味つけ


味噌ソースがじゃぶじゃぶにかかっているので、豚カツのサクサク感はすぐ無くなってしまいますが、味噌ソースが浸透して違った味わいになっていきます。


食べる前は、なんとなく県民御用達の「つけて味噌かけて味噌」くらいの濃さを想像していたので、ちょっと拍子抜けしましたが、食べすすめてみるとこれぐらいの濃さが丁度良いことに気がつきます。

一方で、ソースの方は最後までサクサク食感が続くので、味噌カツと交互に食べると食感の違いが楽しめます。間違いなくどちらも美味しいのですが、味変にもなるのでハーフにして正解でした。


ただ、豚カツ2枚は三十路の胃袋にはちょっと重かったかもしれません。隣にいた中学生はまっ先に豚カツを平らげて漬物を残してましたが、悲しいことに私にはこの漬物がだいぶ有難かったです…。


いや、美味しいんですよ!しかもご飯のおかわりもできます。が、さすがにご飯をおかわりをする余裕はありませんでしたね。大食漢の人には嬉しいボリュームだと思います。胃袋を空にして行かれることをお勧めします。


金シャチ横丁は義直ゾーンと宗春ゾーンに別れていますが、「矢場とん 金シャチ横丁店」があるのは義直ゾーンですのでお間違いなく。名古屋城の本丸御殿も6月に完成したことですし、 観光ついでに足を運んでみてはいかがでしょうか。


矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店

住所:愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2
TEL:052-231-8810
営業時間:10:30~17:30
定休日:無し