Youtuber界隈で一時期話題になった「GOSSO(ゴッソ)」。ご存知の人も多いでしょう。


鼻毛を抜くためのワックスなんですが、その方法が面白いということでYoutuber達がこぞって取り上げました。今となっては罰ゲームのネタなどにも使われている様子。

DSC_0538

それも仕方ないと思わせるようなパッケージデザインですが、実際の評判はかなり良いようです。


とはいえ、個人的には鼻毛は抜くより切る派。だってどう考えても痛いでしょう。そんな私がなぜ鼻毛の脱毛に手を出したかと言うと…


歯医者では完全に鼻毛が丸見えだと知る


参考記事虫歯ゼロの私が5年ぶりに歯科検診を受けてきた話

最近、歯医者に通うようになり、今度親知らずを抜歯することになりました。友人から「斜めに生えている親知らずはヤバイ」と脅され、不安に駆られてYoutubeで歯科関係の動画を見ていた時のことです。


動画に出ていたある患者さんの鼻についつい目がいってしまいました。なぜならそこにはライトで照らされた密林が広がっていたからです。


あ、これが歯医者さん側からの目線なんだ」とちょっとした衝撃を受けてしまい、衝動的に「GOSSO」をポチってしまったというのが経緯です。さっそく使っていきましょうか。


簡単脱毛ワックス「GOSSO」を使う!


DSC_0546

セット内容はブラジリアンワックス50g、スティック20本(両鼻10回分)、紙カップ5個、耐熱カップ1個が入っています。


10回分あるのに紙カップだけ5個しか入ってないのが少し気になりますが、余ったワックスは再利用できるようなので紙カップも再利用しろということでしょうか。

DSC_0549

DSC_0552

ワックスは一回で5g使用。水を入れた耐熱カップに載せてレンジでチンします。私は600Wで2分の設定にしましたが、1分半ぐらいで完全に溶けていました。

DSC_0557

これぐらいになったらスティックを鼻へ入れていきます。


ワックスが熱いので火傷にはくれぐれも注意しましょう。両鼻に入れたら1分待ちます。そしてワックスが固まったら勢いよく抜いていく!


実際の鼻毛の取れ高


ここからは閲覧注意です。



ただ汚いだけの写真です。



「他人の鼻毛なんて見たくねーよ」という方はお戻りください。



クレームは一切受け付けません。





DSC_0562_00001


なかなか凄くないですか?


パッケージの写真と比べても遜色ない取れ高です。さすがにこれだけ抜けると爽快感が違いますね。


気になっていた痛みですが、想像していたよりは痛くありませんでした。痛みというより衝撃と言ったほうがいいかもしれません。


抜くのに結構な力がいるので、一瞬「…鼻もげた?」と思ってしまうほどの衝撃があります。ただ躊躇すると余計痛いので勢いよく抜いてしまった方が良いです(粘着力が強いので皮膚や粘膜に不安のある方は止めた方が良いです)。


とはいえ、慣れてしまえば切るより楽かもしれません。やるまでは鼻毛は切る派でしたが、鼻のなかに刃物を突っ込んで切ることに比べたらこちらの方が安全だと言えます。


完全に脱毛できる訳では無い


ちなみに、「鼻毛を脱毛したら身体に悪いんじゃないの?」と思われる方もいるでしょう。


ですが、GOSSOを使ってもすべての鼻毛を脱毛することはできません。脱毛できるのは入口から1cmぐらいまでなので奥の方はきちんと茂っています。


そうです、つまりGOSSOを使っても歯医者さんからは丸見えだということです。歯医者では鼻毛は見えてしまうものとして受け入れるしかなさそうですね。そもそも鼻毛の役割は「異物を防ぐフィルター」らしいので完全に無くしてしまう方が問題なのです。


とはいえ、これなら切り損ねた鼻毛が飛び出てくることも無くなるのでエチケットマナーとして効果的なのは間違いありません。大事なのは「鼻毛を整える」という行為。


あの加藤一二三先生だって最近、鼻毛を脱毛されて「すっきりした」とおっしゃっていたぐらいです。風通しも良くなりますし、鼻毛が気になるという方は一度試してみてはいかがでしょうか。