まだこのブログを開設する前、今年の2月にヴィレッジヴァンガード (Village Vanguard) から10,000円分の株主優待を受け取っていたことをすっかり忘れていました。

引っ張り出して見れば有効期限は来年の1月31日。まぁ、まだ2ヶ月ほどありますが今年の優待は今年のうちに使ってしまおうと思います。あぁ、今年も気がつけば師走。また歳を取ってしまいますね。
DSC02655
DSC02656
ヴィレッジヴァンガードの株主優待は1単元(100株)買うと、10,000円分の優待券を受け取ることができます。しかも1年以上の継続保有で11,000円分、2年以上の継続保有で12,000円分になるという破格の羽振りの良さ。

えぇ、完全に優待に目がくらんで買った銘柄です。ただ、ヴィレッジヴァンガードはもともと名古屋の企業なので、小さい頃から親近感のある会社ではありました。

今でこそ全国展開していますが、私がまだ小学生ぐらいだった頃は“名古屋の変わったお店”として同級生の間では有名でした。子供が入るにはちょっと勇気がいるあの雰囲気からか、度胸試しのような扱いを受けていましたね。
DSC02640
そんなヴィレッジヴァンガードといえば、この佇まいです。そういえば愛知県内の店しか見たことありませんが、どこもこんな感じなのでしょうかね。

現在名古屋には17店舗あるようで、先日、足を運んだのは矢場町駅近くにある「ヴィレッジヴァンガード 名古屋中央店」。何度か店の前を通ったことはありましたが、この店舗を利用したのは初めてです。
DSC02632
うん、この雑多な感じが好きです。

しかし、昔と比べると店内のレイアウトもずいぶん綺麗になりました。昔はもっと混沌としていて、言い方は悪いですが、良い意味で「なんだかヤバイ店」感が出ていたような気がします。消防法あたりが影響して、昔のような陳列はできなくなったのかもしれません。
DSC02638
2階へ上がるとようやく本屋らしくなります。えぇ、意外と知られていませんがここは本来書店なんです。

まぁ、「遊べる本屋」というワードを掲げている割には、本のスペースが店内の3割程度というのは昔から変わりません。置いてある本も独特というか担当者の嗜好を感じられるものが多くて、個人的には結構好きなんですけどね。ちなみに、本屋なので欲しい本があれば取り寄せてもらえます。

ですから、もしも書店の株主優待が欲しいという人はヴィレッジヴァンガードの株主優待を手に入れるのもアリだと思います。普通の書店同様、欲しい本を取り寄せてもらい優待で購入することができます。

まぁ、こうして見て周るだけでも楽しめるのが、ヴィレッジヴァンガードらしさとでも言うのでしょうか。しかしながら、いざ何かを買おうと思うとなかなか「これだ。」というモノには出会えないもの。

結局、1時間ほど悩んだ挙句に私が買ったものがこちら。
DSC_0536
▲シルエットステッカー CAT LIFE 猫シリーズ(約700円)

いわゆるウォールステッカーというものです。パッケージ画のように淋しいコンセント回りにでも貼ろうと思います。あぁこれで私の部屋にもお洒落な風が吹きそうです。
DSC_0522
▲シルエットキャニスター 黒猫 ウォークS(約1400円)

陶磁器製のストッカーです。丁度、珈琲豆をいれる容器を探していたので、渡りに船でした。内側にシリコンのパッキンが付いているので、珈琲豆などを入れるにはもってこいです。しかも先ほどのステッカーとお揃いの黒猫柄。
DSC_0528
その黒猫柄に、付属のチョークで文字を書くことができるのも便利です。ウェットティッシュでさっと消せるので、中身が変わっても問題ありません。

以上、2つで2,000円ほどのお買い上げ。

これでもまだ半分ぐらい優待が残っているので、残りは年末前に欲しい本でも取り寄せて、まとめて購入しようと思います。これで私の部屋がますます狭くなってしまう。ほんのり見えかけたお洒落も一瞬で消えました。

うーん、モノを増やすよりも年内に大掃除をしなくてはなぁ…。

最新の優待情報:ヴィレッジ・ヴァンガードの株主優待が今年も届いたのでご紹介します