考えてみれば、東京をきちんと観光したのって高校の修学旅行以来。その後も何度か東京の方へと足を延ばす機会はありましたが、観光らしい観光はしていなかったなと。

ちなみに改修された東京駅丸の内駅舎を目にしたのも今回が初めて。
DSC02509 
DSC02521
さすが日本の首都「東京」。 私の住む愛知県の名古屋駅も初めて訪れる人にとっては迷路のような駅だとよく言われますが、東京駅はそれ以上のダンジョンでした。 

おのぼりさん丸出しで東京駅での記念撮影を済ませ、まず向かったのは新宿駅。目的地は以前から個人的に行きたいと思っていた「新宿御苑」。
DSC_0046
DSC_0123
なぜここを訪れたかったのかと言うと、ここが新海誠監督の作品「言の葉の庭」の舞台となった場所だからです。えぇ、いわゆる聖地巡礼というやつです。

DSC_0154
この構図、作品をご覧になったことがある人はピンとくるんじゃないでしょうか。

写真中央に見える屋根のある場所が、作中で主人公2人が出会う場所。主人公のタカオとユキノが雨の日に学校をさぼって2人で過ごす場所のモデルとなった庭園の休憩所です。

実物は椅子の角度、方角などに若干の違いはありますが、ほぼ一緒なのですぐにそれだと分かります。「言の葉の庭」という作品は、雨の日の風景を綺麗に描いた作品なので、できれば雨の日に訪れたかったのですが生憎と言うべきか幸いと言うべきか、その日は雲一つない快晴。

まぁそれはそれで気持ちよく周れましたけどね。

新宿御苑と言っても広いので端から端まで回ることはしませんでしたが、よく整備されていて自然が感じられる気持ちのいい場所でした。都会のど真ん中にこれだけの庭園があるというのは考えてみればすごいことです。

そんな新宿御苑で聖地巡礼を満喫した後、次に向かったのは東京観光の定番である浅草の「浅草寺」。
DSC_0249
修学旅行の定番とも言われる場所なので、制服をきた中高生たちをたくさん見かけます。ちなみに私自身は修学旅行では訪れていませんが、「浅草寺」にはずいぶん前に一度だけ訪れたことがあるようです。ただ、当時は幼かったのでほとんど記憶にありません。

ですから懐かしいというよりも、「あぁ、ここテレビで観たな」という感覚の方が強かったです。「雷門の前で観光客が写真を撮る」、という後景はテレビでもよく流れます。
DSC_0369
DSC_0256
そして浅草寺と言えば、境内まで続く「仲見世通り」が有名。まず感じたのはとにかく人が多いということ。特に外国人が多いということです。

日本っぽい雰囲気が味わえる場所として、ここが外国人に人気があるというのはよく分かります。日本人からしてみても、確かに下町感とでも言うのか「和」を感じる場所です。

ただ、店頭に模造刀が置いてあったり、日本語が描かれたシャツが置いてあったりと外国人観光客向けの土産物屋さんが多いのが少し気になりましたね。

実際、日本人観光客だったらまず買わないようなものが、目の前で外国人には売れていたので需要はあるのだでしょうね。欲しいとは思いませんが、そういったものも見ているぶんには面白かったりします。

もちろん雷おこしや人形焼、揚げ饅頭など日本人向けのお土産を取り扱っているお店も多いのでご安心を。
DSC_0269
DSC_0294
人気観光地ともなれば、参拝するにも行列は必至。
DSC_0307
DSC_0313
金色に輝く御宮殿も目を惹きますが、朱塗りに迫力のある天井画もなかなかのものです。

写真を撮り忘れてしまいましたが、ここは「おみくじ」が有名のようです。なんでも「凶」がよく出るのだとか。運は悪い方ですが、せっかくなのでやってみることに。

ここのおみくじはお金(100円)を払い、箱をガラガラ回して出てきた棒に書かれた数字のおみくじを取るという古典的なもの。ちなみに結果は「小吉」でした。

内容は可も無く不可も無くという感じでしたが、一つだけ気になったのが「旅行:悪い」という運勢。すでに旅行で来ているんですけどね。まあ「凶」が出なかっただけマシだと考えれば…いや、出たほうがネタになりましたね。
DSC_0298
それにしても賑やかな場所でした。お隣には「花やしき」というもう一つの観光スポットがあるので、浅草寺を観光後、そちらに向かう人たちも多いようでしたが、私たちは時間の関係でやめました。それに男2人で東京まできて遊園地も無いかな、と。

そういえば、浅草寺周辺は人力車の営業が凄かったのですが、乗っている人はあまり見かけませんでしたね。というか営業が必死すぎてちょっと怖かったのです。歩合制なんでしょうね。

帰りに仲見世通りでお土産を買っていると、店員さんから「浅草観光センターの最上階からの景気が良い」という情報を頂いたので最後にのぼってみることに。
DSC_0400
おぉ、情報通りの良い景色です。天気にも恵まれました。歩くと大した距離に感じませんでしたが、こうして見ると仲見世通りも長いですね。ただ、体力的にというよりは、人混みに揉まれて疲れたような気がします。平日とは思えない混みっぷり、きっとここはいつ来ても混んでいるのでしょう。

もっと時間が掛かるかと思ったのですが、浅草寺だけの所要時間で言えば1時間程度でした。買い物をしたり、休憩などを含めても1時間半といったところでしょうか。案外さくっと周れました。

さて、朝から築地、新宿御苑、浅草寺とベタな観光地を巡ってきましたが、やはり東京へ来てここへ行かなければ私としては気が済みません。ということで日も短くなってきたことですし、暗くなる前に向かうことにしましょう。

次なる目的地、秋葉原へと。