酒飲みのお供と言えば燻製!


私も好きでよく買うのですが、市販の燻製ってけっこう良いお値段するので個人的には贅沢なおつまみという印象。なのでいつか自宅で燻製をやろうと思っていたのですが、準備や手間を考えるとなかなか実行できませんでした。


しかし先日、Cookpadニュースで「段ボール燻製器」というものを知り、めちゃくちゃ便利そうだったので試しに買ってみることにしました。それが「ソト(SOTO) 燻家スモークハウス」です。

DSC02056

素材は段ボールなので安っぽさは否めませんが、燻製をつくるための道具が一式揃っているので非常に便利。


道具をそろえる手間とコストを考えたら、全部で800円というのはかなりお得感があります。一つ不安があるとすれば素材が段ボールということですが、説明によると「繰り返し使用が可能」とのこと。

DSC02050

さっそく段ボールを組み立て、箱に串を差し込み、その上に網を載せます。


網の上に燻製にしたい食材を並べたら、付属のアルミ容器に点火したスモークウッドを置き、燻製器の下から入れれば準備完了。作業時間はざっと10分ほど。


あとは燻製が終わるまで待つだけです。

DSC_0975

はい、完成!

約2時間ほどでこのような状態になりました。燻製にできる食材ならば、基本なんでもできるようですが、今回はオーソドックスにチーズ、ベーコン、ソーセージを燻製にしてみました。


欲を言えばもう少したくさん燻製したかったんですが、網が22cm×22cmほどの大きさなので量的にはこれくらいが限界でしょうね。欲張って詰めても全体が燻されずに中途半端な燻製になってしまっては元も子もありません。


心配していた段ボールの強度ですが、思っていたよりも頑丈です。2時間ほど庭先に放置していましたが、まったくヘタっていません。確かにこれなら繰り返し使えそう。


ただ、点火したスモークウッドを入れるアルミの容器は再利用するのは止めといた方が良さそうです。


1回の使用で穴が開くことはありませんでしたが、だいぶ焦げついたので2回目以降は危ないかと。穴が開いて段ボールに引火すると危険ですので、アルミ容器は使い捨てた方がいいと思います。また本体が軽いので倒れないよう注意する必要もあります。風の強い日は控えた方が良いでしょう。


さて、肝心のお味のほうですが、言うまでも無く美味しいです!


燻製器を開いた瞬間に立ちのぼってくる出来たての香ばしい匂い!燻されてほのかに温かくなった燻製を一口つまむと強烈なスモーキー風味が口に広がります。いや、ほんとに美味しい!


燻製は日持ちするので、しばらく晩酌のお供には困りません。


最初はフライパンに燻製用チップを敷いてやろうと思っていたのですが、煙や匂いの心配、そしてフライパンのテフロン加工が剥がれるんじゃないかという不安があったので、この段ボール燻製器を使ってみたのですが、想像以上に良い仕事をしてくれました。


1人でこっそり楽しむつもりが家族に見つかって半分ほど献上させられましたが家族の評価も上々でしたのでスモークウッドを買い足してまた作ろうと思います。


「匂いが心配」「フライパンが心配」という方にはオススメです。折りたためて場所も取らないので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。