クラウドソーシングに挑戦して、早いもので3ヶ月が経ちました。


これまでに複数の大手クラウドソーシングサービスに登録しては気が向いたときにインターネットでちょこちょこお仕事をしてきました。


主にライター業務を中心にやってきたので長期の案件には手を出していませんが、それでも3ヶ月近くやっていると副業とまではいかないまでも高校生のお小遣いぐらいの収入は得られるようになってきました。


いや、、、最近の高校生はもっと貰っているかもしれませんね(笑)


とはいえ、インターネットを使って仕事をするというのは良くも悪くも現実的です。たかだか3ヶ月の経験ではありますが、“クラウドソーシングを使って稼ぐ”ということについて感じたことなどを簡単にまとめてみようと思います。

b65dc523cf25f345094bc704d4015c54_m

まずは複数の大手クラウドソーシングに登録しよう



クラウドソーシングの業界で大手と言えば、検索でもトップに出てくる「ランサーズ」や「クラウドワークス」などが筆頭格。まずは、これらの大手クラウドソーシングサイトに登録されることをオススメします。

では、「なぜ大手が良いのか?」と言うと、やはり安心感があるというのもありますが、「仕事の量が多いから」という理由が大きいです。特にクラウドソーシングの世界において、選べる仕事の量は多いに越したことはありません。


というのも私の場合、まず最初に登録した業者でひと月ほどライター業務をしていたのですが、次第に自分に合った案件が頭打ちになってくるのを感じたのです。さすがに案件自体が無くなることはありませんが、どんな分野の記事も書けるほどの才能は持ち合わせていません。


そうなってくると仕事をする時間よりも“仕事を探す時間”の方が多くなり、無駄な時間が増えていきます。加えて、業者によって合う・合わないもあります。ですので、先々のことを考えるとまず2~3社ほど登録してみて、しばらく様子を見たほうが結果的には効率が良いかもしれません。


大手クラウドソーシングサイトの一例
・ ランサーズ
クラウドワークス
 Bizseek


最初の仕事はライター業務がオススメ! 



無事サイトへの登録を済ませるとさっそく初めてのお仕事に取り掛かることになるのですが、まずは「肩慣らしがしたい」と感じる人も多いと思います。そこでお勧めなのが「ライター業務」です。


その多くはネットメディアの記事作成やレビュー作成などになります。


モノによっては日記形式の記事だったり、体験談形式の記事だったりと様々。そのあたりはクライアント側が書式の指定をしてくると思うので、指示に従って作業をしていく形になります。


最初のうちは「自分に書けるだろうか…」と不安になるかもしれませんが、ライターのラの字も勉強していない私でも出来たのですから大丈夫です。ちなみに私の中学・高校時代の国語の成績は5段階評価で3でした。いわゆる凡人です。


とはいえ、まったく知らないことを調べて記事にするというのは多少のスキルと慣れが必要になってきます。そのあたりは案件を選びつつ、まずはできそうな案件から取り掛かっていくのが良いでしょう。


高単価の仕事は実績次第



クラウドソーシングでの仕事にも少し慣れた頃に、感じるのが恐らく“思っていたより単価が低い”ことだと思います。


ライティング業務に限って言えば、1記事100円~200円台の案件も多いです。そしてこれらの案件は誰でも受注できるようになっています。この「誰でも受注できる」というのが重要で、まずは実績が無くても受けられるこの手の案件をどんどんこなしていきましょう


インターネットでお仕事をしていると相手が人間だということを忘れてしまいがちですが、仕事を依頼する側になって考えてみれば何の実績も無い人にいきなり高単価の仕事を任せようとは思わないはずです。これはライター業務に限った話ではなく、ほかの業務にも言えることです。


例えば私の場合、クラウドソーシングを始めて2ヶ月が経った頃、ようやく少し単価の高い仕事の依頼がくるようになりました。相場としては1記事500円~1,000円ぐらいでしょうか。


なかには「それで高単価?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、仮にその単価の記事を1時間に2記事書いたら時給1,000円~2,000円の仕事になります。その辺のアルバイトよりは遥かに良い時給だと思います。 


ただし皮算用は危険



ただ誤解の無いように言っておくと、先ほどの時給1,000円~2,000円というのは単価の高い依頼が連続して来た場合の話です。現実には高単価の依頼がコンスタントに来るようになるまでには、それなりの実績と経験が必要になります。


ですので、最初のうちは「時給1,000円~2,000円ならば1日~時間働いたら月収~万円になる」といった単純な計算は止めてください。もちろん、実力がある人は可能かもしれませんが、私はそこまでプロフェッショナルにはなれませんでした。


現実的には最初の1ヶ月で10,000円以上稼げれば御の字です。実績ができて、少し単価の高い案件をこなせるようになってようやく月数万円といったところでしょうか。そこから先は努力と根性、センスがものを言う世界。


何にしても、やる前から皮算用をするのは止めたほうがいいでしょう。


クラウドソーシングに夢を持ちすぎてはいけない



クラウドソーシングは新しい働き方です。


ここで仕事をしている人はフリーランスのプロから学生、主婦、そしてニートに至るまで多種多様。当然ですが持っているスキルも千差万別です。


その道のプロもいれば、私のように素人からライターを、という人も大勢います。色々な事情により外に働きに出られなかった人がクラウドソーシングで仕事を始めてサラリーマン以上の収入を得ている、なかにはそういう人もいると聞きます。


ただ、それはあくまで一握りだということを忘れてはいけません。


昨日まで主婦だった、学生だった、ニートだった人がいきなり高単価で専門的な仕事をこなすことは現実的に考えて厳しいですし、頑張ってもある程度のラインを越えられないということもあるかと思います。


なぜなら、ここに存在する仕事というのは「仕事の成果と引き換えに報酬を得る」という現実の仕事と何ら変わらないからです。


ここにも外の世界と同じように競争があり、出来る人はどんどん仕事を受注していきます。正直、クラウドソーシングだけで食べていくのは厳しいと言わざるを得ません。


少なくともそれなりに専門的なスキルを持っていなければ難しいでしょう。


まとめ



いかがでしたでしょうか。


もしかしたらクラウドソーシングへの夢を壊してしまったかもしれません。


ですが、クラウドソーシングが副業として優れたシステムであることは間違いありません。私のような本業がない人間が言うのもなんですが、気が向いた時や空いた時間、自宅にいてお金を稼ぐ手段があるというのは考えてみれば凄いことです。


クラウドソーシングが誕生して10年が経ちますが、未だにこの業界は黎明期を抜けていません。新規参入により多くの業者が乱立しています。だからこそ冒頭でも書いたように初心者はまず「ランサーズ」や「クラウドワークス」などの大手へ登録されることをお勧めします。


大手のメリットは「信用できる」「サポートがしっかりしている」という部分はもちろんですが、利用者が多いので困った時に情報を見つけやすいという点にあります。特に初めは分からないことも多いので情報の見つけやすさは必須条件と言えるでしょう。


一方で、すでにライティングスキルをある程度持っており、最初から高単価の仕事がしたいという人向けにサグーライティングプラチナのようなサイトもあります。他にも、イラストを描ける人やキャッチコピーを考えるのが得意な人などはココナラというサイトで500円で引き受けることもできます。


ゆくゆくは個人のスキルに合った業者を選ぶことも継続する上で重要な要素となってくるでしょう。


ともあれ、やはり最初は不安を感じると思います。ですが、基本的には自分に合った案件を見つけてコツコツやっていくだけなのであまり肩肘張らずに気軽な気持ちで挑戦してみるのが良いかと思います。お互い頑張っていきましょう!


関連記事ニートがクラウドソーシングで「テープ起こし」の仕事を受注した話