DSC00795

先日、親からこんなものを貰い受けました。なんでも仕事上の付き合いで頂いたのだとか。スリーアップ株式会社の『グッバイアレル』という充電式布団クリーナーです。


正直、メーカー名も商品名も初めて耳にするものです。布団クリーナーと言えば、吸引力が変わらないただ一つの掃除機メーカーが出しているCMをよく目にしますが、この商品はそれと比べると非常に廉価なもののよう。


せっかくなので、とりあえず使用してレビューしてみようと思います。

 

グッバイアレルの使い方

DSC00797

箱から中身を取り出してみると、本体とACアダプターのみで非常にシンプル。最初に説明書を読まずに触ってしまうタイプの私にしてみれば、壊す心配がありません。


まずは、本体にアダプターを差し込み充電します。説明書によると、充電時間は約3時間。少し長い気もしますが、スマホだってフル充電しようと思ったら1~2時間ぐらいはかかりますしね。


充電を終えると、さっそく使っていきます。

DSC00802

使い方と言っても、取っ手の部分にある電源スイッチを押して布団の上をなぞるだけ。最後に干したのは恐らく一ヶ月前であろう私の布団を万遍なく掃除していきます。


掃除機よりは多少静かですが、動作音は結構大きめですね。

DSC00804

本体を裏返すと中央にぼこぼこした部分がありますが、これが振動することによってダニ・花粉・ホコリを叩き出し、その下にある吸引部で吸引・除去するそうです。


吸引部の下にある青い部分はUVランプになっており、このUVランプを照射して除菌するのだとか。まぁシンプルですが、やることはやっているようです。


掃除機ではないので、吸引といっても大きなゴミは吸い取れません。髪の毛なんかは吸引できませんでした。先に掃除機やコロコロなどを使って、大きいゴミやホコリを取ってから使うとより効果的とのこと。


一通りなぞったら、ダストカップを外して、内部のゴミを確認します。

DSC00805

え…これダニなの?



もしこのフィルターに付いている白いものが本当にダニの死骸だとすれば、私は今まで大量のダニ達と添い寝をしてきたことになります。ただ、これが本当にダニの死骸なのか裸眼では判別不可能。だからといって顕微鏡で見たいとも思いませんが…。


まぁ、おそらくは布団の繊維的なものが含まれているのでしょう。『グッバイアレル』の説明書によると、これで“ダニ除去率99%・花粉除去率95%”なんだそうです。まぁUV(紫外線)を使っているようなので、それなりにダニは死滅できているのでしょうね。

DSC00808

お掃除後はフィルターを抜き取って、中身をゴミ箱へポイしたら終了。以上が使用方法の一連の流れになります。


感想



5,000円前後という価格を考えれば十分使えると思います。


貰いものなので「安かろう悪かろう」でも仕方ないと思っていましたが、普通に満足のいくものでした。


そういえば先日、プロブロガーのイケダハヤト氏がダイソンの高性能な布団クリーナーをレビューされていましたが、その際にも同様に白い粉のようなものが取れると仰っていました。


あのダイソンでも似たようにことが起こるようなので、「白い粉が溜まる現象」はそこまで気にするものでも無さそうです。


一番ダニが怖い梅雨の時期は終わりましたが、夏は夏で高温・多湿でダニが増えやすい時期でもあります。私のように布団を干すのが面倒だったり、布団が干しにくい環境などだと、この手の商品は重宝するのではないでしょうか。


「布団クリーナーは欲しいけど、ダイソンはお高い」という方は、こちらの廉価な布団クリーナーを使ってみるのも良いかもしれません。