カップヌードルを記事にするのもこれで何度目でしょうか。このままいけば「カップヌードル」だけでひとつカテゴリーが作れそうです。ということで、今回ご紹介するのはこちら。

DSC00779

日清食品カップヌードル 『マッサマンカレー味』

 
ちなみにこれ新作ではなく再発売のようです。なんでも去年、売れに売れた商品だとか。

日清食品さんは今年になってから「トムヤムクン味」、「ミンスドポーク味」などを出しており、最近タイにご執心なようです。

個人的にもタイ料理は好きですし、最近ちょっとしたタイ料理ブームが来ているなんて話も耳にします。実際、日本人の口に合う料理が多いのでしょうね。

とはいえ、マッサマンカレーをご存知の方はまだまだ少数派だと思います。一体どういう料理なのか、ホットペッパーグルメが解りやすく説明していたので一部引用させていただきます。
マッサマンカレー

もともとはタイ南部で食べられていた「ご当地カレー」です。
(中略)
マッサマンカレーは、じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだ、タイカレーの一種です。タイカレーと聞くと、「辛みが前に出た味」というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、カルダモンやシナモン、クローブといったスパイスをふんだんに使っているマッサマンカレーにはむしろ上質な甘みがあります。これらのスパイスは、タイカレーであまり使われることがなく、マッサマンカレーを今まで体験したことのない味わいにしていると言えるでしょう。また、ココナッツミルクやピーナッツを使っているため、濃厚なコクと芳醇な香りが感じられ、それらがジャスミンライスと絶妙にマッチします。

出典:タイ発の世界一おいしい料理?マッサマンカレー ホットペッパーグルメタイムズ より 一部引用

また、こんな意外な話しもあります。
世界的に知名度が上がりつつあるマッサマンカレーですが、現地のタイ人にはあまりなじみがありません。そもそも、マッサマンカレーはタイ南部のイスラム教を信仰している人々が食べていた「ご当地カレー」なのです。宮廷料理として親しまれてきた経緯はありますが、タイ北部や中部ではこれまであまり知られてない状態でした。

出典:タイ発の世界一おいしい料理?マッサマンカレー ホットペッパーグルメタイムズ より 一部引用
てっきりタイを代表するような料理とばかり思っていたのですが、現地のタイ人にもあまり馴染が無いというのは驚きです。日本でいうところの郷土料理みたいなものかもしれません。

それが突然「世界一おいしい」と話題になったのだから、タイ南部の方々もさぞ驚いたことでしょう。名古屋で言えば、ナポリタンが突然「世界一おいしい」と持ち上げられるようなもんです。そんな事になったら名古屋民は驚愕ですよ(笑)

と、前置きが長くなりましたが、そろそろ食レポに戻りたいと思います。

DSC00785

相変わらずイメージ画像には具材がゴロゴロ入ってますね。

さっそくお湯を入れていきます。そしてすいません、お湯を入れる前の写真を撮り忘れてしまいました。遅い昼食だったので気が急いちゃいました。

ということで3分経過!

DSC00792

スープの色は若干赤めで、イメージ画像ほどでは無いものの、けっこう大きめの具材が入っています。

具材は主に、鶏肉、じゃがいも、人参などが使われているようです。ただ、日清食品のサイトのアレルゲン情報によると豚肉にもチェックが入っていたので豚肉も使われているようですね。

タイ南部はイスラム教徒も多く豚肉を食べないので、やはりその辺は日本人用にアレンジしてあるのかもしれません。

では、いただきます。

匂いは普通のカレーヌードルに近く、あまり香辛料の匂いは感じられません。麺も普通のカップヌードルと変わりませんね。ただ、スープに若干とろみがあるので麺との絡みは良好です。

味は濃厚でコクがありますが、癖が無くかなり日本人好みのカレー味といった印象。後味が少しだけピリッとしますが、見た目ほど辛さは感じられません。それどころか若干甘みがあります。

とはいえ、カレーなのでさすがに後半になってくると口の中がジンジンしますが、それでも「トムヤムクン味」などと比べると辛さは弱めだと言えます。

本場のマッサマンカレーを食べたことが無いので、比較はできませんが、おそらくかなり日本人好みになっているのではないでしょうか。

「世界一おいしい料理」に選ばれるだけあって、もともと癖のある料理ではなさそうですが、濃厚でコクがある感じが日本人が想像するカレーに近いんじゃないかと思います。うん、これは売れるのも分かります。

最近、変わり種を連発しているカップヌードルですが、この「マッサマンカレー味」は万人受けしそうな気がします。ポテンシャルを感じますね。

売れているせいなのか、流通量が少ないのか、店頭で見かける機会はまだ少ないかもしれませんが、カレー風味が好きな方はぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

関連記事日清食品の『トムヤムクン味』のカップヌードルを食べてみた