先日、フリーターの友人に言われた言葉があります。


お前、ニートなのにクレジットカード持ってるの?」 


えぇ…ごもっとも。

130590
ニートになってからも当たり前のようにクレジットカードを使ってきましたが、考えたらニートがクレジットカードを持つことってなかなか難しいですよね。


まず無職やニートでは審査に通るのも厳しいでしょう。しかし、現在ニートの私はクレジットカードを持っています。一体なぜなのでしょうか?


それは申込んだ時、「学生」だったからです。 


不思議なことに、学生と言えどもアルバイトでもしていなければ収入的には無職と変わらないはずなのですが、ご親切にも「学生専用クレジットカード」が存在するのです。


私の場合、学生時代に海外旅行へ行ったのをきっかけにクレジットカードを作りました。しかも目的はカードを使うことではなく、付随していた海外旅行保険のため。それぐらいクレジットカードには関心が薄かったですし、持っていなくても別段困ることはありませんでした。


それが今では絶対に手放せない存在です


日々の買い物、ホテルの予約決済等、慣れてしまえばこれほど便利なものもありません。ネット上にはクレジットカードでしか決済できない商品も多々あります。また、貯まったポイントで買い物をするのも楽しみのひとつ。


そんなニートが持っているのは、8秒に1人申込んでいるという『楽天カード』です。ちなみに大学卒業後も無事に更新されており、無職になったからと言って更新が拒否されることはありませんでした。


クレジットカードの審査基準は会社によって違いますが、その中でも楽天カードは独自の審査基準を設けており、他社ではクレジットカードを発行できないような人でもクレジットカードを発行できるようにしているそうです。

 審査には楽天グループ内にたまっている、外部データにはない情報ソースを用いて、他社にはないような審査基準を作り上げました。これによって、審査による機会ロスもリスクも小さくできますし、通常のデータからは収入が見えにくい人でも可処分所得が把握できて、実質的な購買力が見えてきます。

出典:楽天カードが他社の倍以上も急成長している理由 

そのせいか「職業欄をスナイパーにしても審査に通った」なんていうデマが流れたこともありました。




ただ、そういった審査の問題だけではなく、個人的には誰でもクレジットカードを1枚は作っておくべきだと思っています。年会費無料のカードで十分なので使う使わないに関わらず、1枚は作っておくことをお勧めします。


特に、若い時からクレジットカードを持つメリットは意外に多いものです。


クレジットカードの使い方を学べる


「実はクレジットカードの仕組みをよく分かっていない」という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。カードを持つ前の私がそうでした。


今でも100%理解していると胸を張っては言えませんが、クレジットカードを持つ際に、何かあってはいけないと契約書や説明書を真面目に読んだおかげで大体理解することができました。


たまに使い方をよく分かっておらず、「リボ払いをしていたら地獄に陥った」なんて怖い話を耳にすることもありますが、そもそも人生で初めて持つようなクレジットカードには大した限度額は設定されません。学生なら尚更です。


目一杯使っても、せいぜい20~30万といったところでしょうか。このくらいであれば親に泣きつくかバイトをするかで済むでしょうし、実際にはそんな事態に陥る人のほうが珍しいので大体の人は心配要りません。


個人情報やセキュリティへの意識が高まる。


クレジットカードの場合、カード番号だけで決済できてしまうので、落としたり、カード番号を知られてしまうと簡単に悪用されてしまいます。(少し前にもYou tubeでカード番号が見えてしまうというアクシデント動画がありましたが…)


そのため、おのずと個人情報やセキュリティへの意識は高まります。


例えば、クレジットカードを入れた長財布を尻ポケットに突っ込んで出歩く、なんて恐れ知らずな行為もしなくなることでしょう。


クレジットヒストリー(信用情報)ができる


クレジットヒストリーというのは、クレジットカードの返済履歴のことです。クレジットカードの利用履歴と言っても良いでしょう。実はこれが最も重要になってきます。


クレジットカードの返済に滞納・遅延などのトラブルが無い状態が続くと、それが信用情報となります
。個人信用情報機関に全ての履歴が残るので、金融機関はまず間違いなくこれを確認します。


この信用情報を若い頃から積み上げておくことで、将来ランクの高いカードを作ったり、車や住宅などのローンを組もうと思った際などに有利に働きます。一方で、信用情報を早くから汚してしまうと、将来大変な目に遭うこともあるので注意しましょう


また、これまでクレジットカードを利用しておらず、30代40代になって初めてクレジットカードを申請した際、その歳までクレジットヒストリーが無いことを不審に思われ、定収入があるにも関わらず審査に落とされてしまう、ということもあるそうです。


理不尽な話だと思いますが、カード会社は「利用歴が無い人=優良顧客」ではなく「払ってくれるかどうか分からない人」だと判断してしまうようです。



とはいえ、いずれにしても現在のようなネット社会では遅かれ早かれクレジットカードを必要とする時が来るのではないでしょうか。そんな時に困らないようにしたいものです。


そして最後にこれだけは言わせてください。


今後、ニート(無職)になりそうな人は、その前にクレジットカードを作っておこう!


おすすめは年会費が無料でポイント還元率の高い楽天カードです。無職やニートでも確実に作れるとは言えませんが、他社と比べても審査に通る可能性は高いと思いますよ。


その他にも、年会費が永年無料のものだとイオンカード(WAON一体型) や 学生専用ライフカード なども評判は良いようです。