このブログで書く初めての記事が「珈琲のドリッパーを替えた話」というのもどうかと思いましたが、ブログを開設しながらそのドリッパーで淹れた珈琲を飲んでいたので、このネタで書こうと思います。

さて、皆さん珈琲のドリッパーは何をお使いでしょう?

私はこれまで扇状のドリッパーを使ってきました。有名な某メーカー品です。特にこれといった不満もありませんでした。ただ先日、行きつけの珈琲屋さんで色々な種類のドリッパーが並んでいるのを見かけて、衝動的に買い替えてみることにしました。

DSC09344

それがこちらの円すい形をした「ハリオ V60 透過ドリッパー」です。

今までの扇形のドリッパーと一体何が違うのでしょうか?
 
HARIOネットショップに記載されていた円すい形ドリッパーの特徴から一部引用させてもらいます。
  • 円すい形
円すい形なので、注がれたお湯が中心に向かって流れるため、珈琲粉に触れる時間が長くなることにより、珈琲の成分をより多く抽出することができる。 
  • 大きな穴
ドリッパーの底面に大きなひとつ穴から、ペーパーの先端が出ることで、注がれたお湯がドリッパーからの制限を受けることなく、よりネルドリップに近い抽出ができる。また、お湯を注ぐ速度により珈琲の味を変えることができる。 
  • スパイラルリブ
ドリッパ―内部のリブ(凸部)を高く丈夫まで付けたことにより、ペーパーとドリッパーの密着をふせぎ、空気の抜ける空間ができる。蒸らしの際に、この空間から空気が抜け、珈琲粉がしっかりと膨らむ。
なるほど、ドリッパーの形が台形から円すい形に変わるだけでこれほどの変化があるとは知りませんでした。ということで、さっそく新しいドリッパーを使って珈琲を淹れてみることに。

DSC09350

うん、本当に豆がスパイラル(?)を描いているように見えます。

というのは偶然かもしれませんが、円すい形になったことで今まで使っていた台形のドリッパーよりもペーパー内にある珈琲粉に深い窪みができているのは事実です。

注がれたお湯はその窪みに沿って流れていくため、必然的にお湯が珈琲粉に触れる時間は増えるのでしょうね。

また、ドリッパーを円すい形にしたことで、ペーパーもそれに対応する円すい形のものへ替えることになったのですが、それによる変化もありました。

円すい形のペーパーは先が尖っているため、抽出された珈琲は滴り落ちるというよりもギリギリまで絞った蛇口から水が流れ出るような綺麗な出かたをします。これは扇形にはない特徴だと言えます。

それが味に影響を与えるかは分かりませんが、これが見ていてけっこう気持ちいいというか、綺麗に珈琲を淹れている気分になります。

DSC09352

見た目はもちろん普通の珈琲。気になるのはお味の方。

とはいえ、私は胸を張れるほど珈琲の違いが分かる男ではありませんのであまり偉そうな事は言えません。ただ、一口飲んで最初に感じたのは酸味が薄れて苦みが少し濃くなったな、ということ。

普段よりも丁寧にゆっくり注いだからでしょうか。お湯を注ぐ速度で味が変わるというのは本当のよう。(※あくまで個人的な感想です。)使っている内に自分好みの味を調節して淹れられるようになりそうです。

そして使ってみて気づいたのですが、扇形のドリッパーと違い、円すい型ドリッパーは底に珈琲が溜まらないということ。これならばドリッパーの底が珈琲で変色しにくいでしょうし、ドリッパーを外した時に底に溜っていた珈琲がこぼれ落ちることも無いので助かります。うん、正直、これだけでもメリットは大きいと感じます。

「味に変化をつけられる」、「珈琲の抽出が綺麗」、「洗いやすくて零れにくい」、これで400円ほどというのは我ながら良い買い物だったと思います。これからも使い続けようと思います。

珈琲好きでもドリッパーまでは意識したことが無いという方がいらっしゃったら、この機会にドリッパーによる味の違いを試してみてはいかがでしょうか。実際に使ってみると、結構はっきりとした違いが感じられるので面白いと思いますよ。