牛丼でもなく天丼でもなく、親子丼。


なぜか時々無性に食べたくなります。ただ、丼物でも親子丼をメインに出すお店となると少ないのではないでしょうか。


名古屋にはそんな親子丼をウリにしているお店があります。その名も「鳥開 総本家」。鶏料理が専門で、親子丼のほかにも手羽先、焼き鳥、唐揚げなどが評判のお店。


名古屋では有名な名古屋めしのお店ですが、県外には岐阜と埼玉に1店舗ずつあるのみ。全国的な知名度はまだ高くないようです。


名古屋駅地下にある「鳥開 総本家 名駅エスカ店」

DSC03319

続きを読む

先日、約7年ぶりに映画館へ足を運んできました。もちろん目的は話題の映画「君の名は。」を鑑賞するため。ただ正直、7年ぶりともなると、どこの映画館を利用しようかと悩んだものです。


そこで名古屋で一番アクセスが良いと言っても過言ではない映画館、「ミッドランドスクエアシネマ」へと行ってきました。

DSC03321
 
名古屋駅の東口にあるミッドランドスクエアは名古屋でも指折りの高層ビル。三大都市のなかでは高層ビルが少ない名古屋において、その存在感は圧倒的です。


とはいえ、高層階のほとんどはオフィスになっているため、一般人が出入りできるのは商業棟の地下3階~5階、オフィス棟のスカイレストランがある41~42階と展望スペースの44階~46階のみ。
 

続きを読む

先日、TBSの「マツコの知らない世界」という番組でご当地サイダーが紹介されていました。それを観て思い出しました。


「そういえば買った記憶があるぞ」と。


そうしてクローゼットを探し回ること数分、案の定、そこには北陸旅行のお土産で買った「富山ブラックサイダー」と「金沢カレーサイダー」が埃をかぶっていました。…うん、完全に忘れてた。

DSC_0268

生産元は富山県に本社を置く日本最古のラムネメーカー「とんぼ飲料」。あの有名なトンボラムネを作っている会社のよう。 瓶を割らずにビー玉が取り出せるトンボラムネには子供の頃よくお世話になったものです。


一方で、こういったご当地サイダーも生産されているようです。確かに最近、地ビールや地酒といったご当地商品が話題を呼んでいますし、地サイダーも全国各地で増え続けているとか。


しかしまぁ、それにしても飲む気が起きないこの2本。「なぜ私はこんなものを買ったんだろう?」という疑問が沸いてきます。旅先で浮かれていたのでしょうね。仕方がないので賞味期限が切れる前に飲み比べてみました。


続きを読む

↑このページのトップヘ