皆さんは最近グミを食べましたか?


「グミ」と言うと、子供の頃はよく食べたのに大人になると食べる機会が減ってしまうお菓子の筆頭格ではないでしょうか。しかしながら私には子供時代から買い続けているお気に入りの「グミ」があるのです。


それがえげつない硬さで有名な「ハリボー」。

DSC09535
(写真:ハリボー 『ゴールデンベア』)

初めて食べた瞬間からあの硬い弾力が癖になり、大人になった今でもハリボーを見かけるとついつい買ってしまいます。いかにも海外製という感じのパッケージも昔から変わりません。


国内の大手菓子メーカーが競って新しいものを生み出している昨今、この「ハリボー」も量販店で見かける機会が減ってきました。特にスーパーのお菓子売り場ではほとんど見かけません。


そんな『ハリボー』ですが、どういう会社なのでしょうか。
 続きを読む

皆さんは『スガキヤ』というラーメンチェーン店をご存じでしょうか。

名古屋に本社を置く、「スガキコシステムズ」という会社が展開しているラーメンチェーン店です。「スガキヤ」と言えば、愛知県民、名古屋人だったら知らない人の方が珍しいと言えるぐらいのソウルフードなのですが、中部圏以外だとその知名度もあまり高くないのだとか。

そんなスガキヤですが、3月25日~4月7日までの期間限定でプレミアムラーメンが特別価格390円というキャンペーンを行っています。「この価格、これで最後」ということなので食べに行ってきました。

その『プレミアムラーメン』がこちら。

DSC09338
続きを読む

これから何回かに分けて「ニートのお金事情」について書いていこうと思います。

記念すべき第1回目の今回は「ライフスタイル」について。まず初めにニートの定義についてですが、厚生労働省のHPに記載されていた内容から一部引用させていただきます。
  • ニート(Not in Education,Employment or Training,NEET)
 「ニート(NEET)」とは、Not in Education,Employment or Training(就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない若者)の略で、元々はイギリスの労働政策において出てきた用語。日本では、若年無業者のことをいっています。若年無業者とは、「15~34歳の非労働力人口のうち、通学、家事を行っていない者」をいいます。

出典:厚生労働省 若年雇用関連データ より一部引用
ということだそうです。

概ね認識通りですが、上記の定義だと所謂「家事手伝い」とかいう謎の職業はニートには含まれていないようです。不思議ですね。多くのニートは多かれ少なかれ家事ぐらいはすると思うのですけどね。「家事手伝い」と名乗るぐらいならば、私は潔く「ニート」と名乗ります。

さて、そんなニートですが、プライベートにおいて金銭面はどうしているのでしょうか。今宵は現代社会の闇に包まれているニートの生態の一端を垣間見て頂きましょう。

DSC09510

続きを読む

↑このページのトップヘ